仮想通貨の解体新書

仮想通貨を読み解くブログ

Rialto.AIの結果とXRLトークンの受け取り方

f:id:Rippler:20170708133455p:plain

先日ご紹介したRialto.AIの資金調達量と、配布トークン量が確定したので記事にしたいと思います!受け取り方法もね。

 

 

まずは諸データから

 

それぞれ受け付けた通貨の対USDのレートが確定しました。

 ETH: 279.8 USD

BTC: 2583.25 USD
XRP: 0.26203 USD

 

今回のPriority passでの参加は10%のボーナスが付いております。

 

また、発行枚数1億トークン中2500万XRLは開発者に配られます。

 

資金調達額の内訳は

 

Pre-Crowdsaleでの資金調達額: 3,848,805.31 $
Priority Passでの資金調達額: 6,153,929.04 $

 

です。

 

支払われるトークンの量の計算方法は、1000万ドルにボーナスを全て加算した11,429,345.96$で、

自分の支払った通貨の枚数×その通貨の上記USDレートの価格×1.1(ボーナス分)を割り、その数を7500万XRLでかけます。

 

f:id:Rippler:20170708122617j:image

 

計算が面倒くさい場合はEthereum Token (ERC20) Transfer Transactions ここから自分のETH addressを検索することで見れます。ぶっちゃけトークン受け取り手続きしたほうが早いかもしれません。

 

 

ここからようやくXRL Tokenの受け取り方です。

 まず始めに、登録していたメールに接続してください。2つのRialto.AIからのメールが届いていると思います。

注意: Gmailの場合はメインボックスの方ではなく、プロモーションの方に入っている可能性があります。万が一、メールがいっさい届いていない場合は下にスクロールしてください。対処法が書いてあります。

 

その2つのうち受信時刻が一番最近の物を開いてください。件名は「RIALTO XRL tokens distributed」です。

 f:id:Rippler:20170708124003p:image

 下の方にこのような文が書かれていると思うので全て記録します。これはトークンを受け取る時必要になります。(実質はすでに受け取っている形になりますが)

 

f:id:Rippler:20170708124212j:image

 

そうしたら登録したEthereum Walletを開き(今回はMyEtherWalletを使用した場合の紹介です。)ログインします。MyEtherWallet.com

 f:id:Rippler:20170708124815p:image

 開いたらこのようになっていると思います。赤い線が引っ張ってあるところの「Add Custom Token」を選択してください。そしたら先ほどメールで確認した物を記入する欄が出てくると思いますので、入力します。

f:id:Rippler:20170708125024p:image

 

今回はあえてここで番号を調べ入力する過程を紹介しました。今後ICOなどに参加するにあたり、この工程は覚えておかなくてはなりません。

 

メールが万が一届いていない場合のために入力する番号は置いておきます。

 

Address: 0xb24754be79281553dc1adc160ddf5cd9b74361a4
Token Symbol: XRL
Decimals: 9

 

です。

Saveが完了したら下のように表示されると思います。ここに書いてある「〜XRL」があなたが保持しているXRLトークンの量になります。

f:id:Rippler:20170708130846p:image

 

ちなみに、XRPから送った人でdestination tagを合わせて送っていない場合や、ETHを取引所から送った場合、Private keyを保持していない場合は、早急にサポートへ連絡する必要があります。

 

これで今回の記事は終わりになります。ICO時のTokenの受け取り方に付いても兼ねた記事になりました。

 

Rialto.AIのトークンXRLが取引所に上場(意味: 取り扱われるようになること)した場合は、おってTwitterや、記事で出したいと思います。

 

ではこの辺で〜

 

くりぱか (@Creeperker) | Twitter